So-net無料ブログ作成

カシオのデジタルカメラ [デジタルカメラ]

カシオは早くから1万画素のコンパクトデジタルカメラを提供しているメーカーですね。

正式な社名はカシオ計算機と言います。余談ですが、カシオ計算機という社名の由来は創業者の苗字が「樫尾」だからです。樫尾→カシオ→CASIO。ちょっと日本語離れした語感があるので余計に日本企業っぽく見えないのでしょう。

さてそんなカシオですが、実に商売は手広く電卓の他にパソコン、PDA、楽器、携帯電話、腕時計、そしてデジタルカメラなどを製造しています。腕時計というのはカシオの大ヒット商品でもある「G-SHOCK」のことです。現在では携帯電話とデジタルカメラが利益の半分を占めているそうで、かなり力が入っていることが窺い知れます。

そんなカシオのデジタルカメラは「EXILIM」というブランドで展開されています。本来がカメラメーカーではないものの、カシオのデジタルカメラは高性能かつ低価格であることが受けて売れ行きも順調です。

最近では携帯電話に何かデジタル家電が合体したモデルが人気です。シャープの液晶テレビ「AQUOS」がついた「AQUOSケータイ」、同じようにパナソニックの液晶テレビがついた「VIERAケータイ」、日立の「WOOOケータイ」。そんな中にあって、本格的なデジタルカメラがついたものがカシオの「EXILIMケータイ」です。

他社のカメラ付きケータイが100万画素少々であるのに対して、このEXILIMケータイはなんと510万画素という本格派です。カメラメーカーのようにずば抜けたテクノロジーはありませんが、過不足なく機能がまとまったデジタルカメラ、しかも安く買いたいという向きにはカシオがおすすめです。

筆者もこのEXILIMを使用していますが、写真の色合の面では、確かに他のカメラメーカーの方が良いように感じます。ですが、大きな液晶画面や、コンパクトさなどから今でも十分に使用しています。

また、このCASIOのデジタルカメラに付属している画像の取り込みソフトはWEB上で確認できるようになっていて、なかなかユーザーライクと思いました。他メーカーでは、専用の画像ソフトが添付していることもありますが、手軽に見るだけなら、このシンプルさは中々ではないでしょうかね。

牛乳パックのいす ナビゲーションのバイト ハローワークの新卒 イッタラのオリゴのブラック ニューバランスの別注

タグ:EXILIM カシオ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。