So-net無料ブログ作成
検索選択

キャノンのEOS [デジタルカメラ]

キャノンのEOS KISSの宣伝を見たことがあると思います。

キャノンと言えば、日本を代表する世界的なカメラメーカーですね。

余談ですが、現在誰もがキャノンの社名を「キャノン」と表記していますが、これは実は正確なものではないのです。キャノンの正式な社名は「キヤノン」で、「ヤ」の字が小さい字ではなく大きい字なのが正解です。これって同様に「富士写真フイルム」「シヤチハタ」「キユーピー」にも言えることで、戦前からある企業の場合はこのように表記すること多かった名残だそうです。

話をキャノンのデジタルカメラに戻しましょう。キャノンのデジタルカメラと言えば、やはり何といってもIXYシリーズが主力です。IXYとはキャノンが展開するコンパクトデジタルカメラのシリーズで、コンパクトでありながら実に高性能で本格的な写真が撮影できることが最大のセールスポイントです。

“キャノンは人物の肌色をきれいに撮れる”という評判通り、確かに室内の人物写真がきれいに撮れているように思います。IXYのCMに元サッカー先週の中田氏が起用されていて「nakata.net」というコピーはあまりにも有名でした。

キャノンには他にもPowerShotシリーズというさらに本格的なモデルがあります。これはIXYに比べると決してコンパクトではありませんが、キャノンの技術がぎっしりと詰め込まれたハイエンドモデルとしてIXYシリーズに並ぶキャノンの定番シリーズです。

さらにキャノンは世界的なカメラメーカーとして、デジタルカメラ全盛となる現在よりはるか前からカメラレンズに定評があり、それを活かしたEOSという一眼レフカメラシリーズがありました。その技術をそのままデジタルカメラに採り入れたのがEOS DIGITALで、こちらも職業カメラマンの本格的な使用に耐えるカメラとして現在大きなシェアを持っています。

一時期、IXYの液晶画面が小さく見にくい中、その他のメーカーが大型液晶を取り入れて、後塵に排した経験を持つキャノンは、今では、大型液晶にスタイリッシュなデザインのIXYで巻き返しを図っています。

また、冒頭で触れたEOSも多くのカメラユーザーが欲しいと思う中、カメラに興味を持ち始める世代にも一眼レフカメラの楽しさを伝えようとしていますね。

フリースの生地 セレブのクラッチバッグ 本棚の自作 手形割引株式会社の大輝 グーンのおむつ

タグ:EOS IXY キャノン
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。