So-net無料ブログ作成
検索選択

カメラーメーカーと写真文化 [デジタルカメラ]

日本のカメラメーカーを、いやデジタルカメラメーカーをご存知ですか。あげるだけでも、キャノンニコン、オリンパス、コニカミノルタ、富士フィルム…そして家電メーカーとしては、パナソニックソニー・・・数多くの国産メーカーが、このカメラやデジタルカメラ周辺の固まっているんですね。

我が日本は世界有数の写真大国です。写真大国というのはどういう意味かと言いますと、大の写真好きで何か記念に残したくなるようなことがあると、必ずと言っていいほど写真を撮るからです。

今では日本も一辺倒なものだけでなく色々なイメージが世界に知られているのであまり見られなくなりましたが、かつてハリウッド映画など欧米の映像に登場する日本人と言えば写真をパチパチ撮っている姿が定番でした。

さらに、フィルムに簡易カメラが付いた富士フィルムの製品「写るんです」は世界的な大ヒット商品となり、同様の類似商品が世界中で発売されました。

日本では当たり前にように売られているためそれほど大きなことに感じませんが、海外ではこれは一大発明として大変高い評価を受けています。日本のようにカメラが安価に手に入るような国でないところでも、ここ一番でどうしても写真を残したいと思ったらこの使い捨てカメラを買えば用を足すことが出来るというのが評価されている要因だそうです。まさに日本のカメラはコンビニ感覚なんですね。

その他にも、かつて女子高生発の大ヒット商品として大きな注目を浴びた「プリント倶楽部」、通称“プリクラ”。これも内蔵されたデジタルカメラで撮影した人物の写真を内蔵にコンピューターを利用して落書きをしたりスタンプを入れたりすることによって楽しむものなので、日本のカメラ文化が生み出した一大発明です。

さらにさらに、これも現在では当たり前のように使っている携帯電話に付属したカメラ。通称“写メール”と呼んだりもしますが、これも携帯電話に小型デジタルカメラを搭載した商品で、日本のシャープが発明したものです。ちなみに、写メールというのは写真をメールに添付するサービスのことで、本来は携帯電話で写真を撮ることではなかったのですが、現在では携帯電話で撮った写真のことを写メールと呼ぶようになりましたね。

日本人の写真文化って中々のものですよね。手先が器用から始まった日本の産業ですが、今では世界の中で日本発のものが多くを占めているんですね。その中でもカメラメーカーの役割は、デジタルカメラの中でも大きな地位を占めているんです。

このブログでは、そんなデジタルカメラにまつわるお話をブログしてゆきますね。

エアークリスタル アジアンの隅田の結婚 ボッテガのバック ラコステのブルゾン バーバリーのビジネスバッグ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。